Photoshopだけじゃない!


カメラマンや、簡単なお絵描き、図面書きに欠かせないのが、画像編集ソフト
世の中見回してみると、Photoshopが一番有名で、無料のものだとGIMPなんかも有名ですよね。

ただ、他にも色々あるんです!!

特にMacには、安くて使いやすく高機能なソフトが!

今回はそれらについて、お伝えしていきます!


入門編の定番「Pixelmator」



少し詳しい方ならご存知と思います。
言わずとしれた、「速い・安い・使いやすい」の三拍子が揃った編集ソフト。

それぞれについて、簡潔に、まとめてみます。

①速い

とにかく、作業が快適なんです!
起動速度から、フィルターの反映、書き出しまですべてが爆速。

なんでも、PCが低スペックだとしても、効率的に中身を動かすことでその速さを実現しているという。
正直良くわかりませんが、とにかくストレスフリーな速さです!

②安い

¥1,800円ですよ‥‥w(2018/10/14時点)
どういうことですかw

正直、このソフトだけでお仕事できる人もいると思います。
勿論プロニーズまでは満たしていないんですけど、十分っていう人も多いはず

お試しで買うにも躊躇ない金額。
変な飲み会行くくらいなら、これ買っていじくり倒したほうが百倍ましですね笑

③使いやすい

さっきの動画にもありますように、見た目はPhotoshopの似ています。
つまりそれは、流通している殆どの画像編集ソフトと似ている、ということ!
結局Photoshop、強いですしね笑

アイコンなどもわかり易く揃ってますし、勿論リアルタイムフィルターです。

なーんも経験のない俺でも、すぐに慣れることができましたしね〜

まあ、使いこなせているかどうかは置いといて‥‥笑

ついに出た「Pixelmator Pro」



2017年11月にランチされたのが、「Pixelmator Pro」
言うまでもなく先程のPixelmatorのプロ版です。

これ、実は持ってないんですよ。
欲しかったんですけどね、後述のAffinity Photoをゴリゴリ使っており、ちょっと手を出しすぎかな〜と笑

ただ、機能と使いやすさはお墨付き。
正直これだけインスタが流行ると、簡単な画像編集なんてだれもやらないんですよ。

インスタでフィルターかけちゃえばそれでいいんですもん。
となると、やりたいのは本格的な編集

以前のPixelmatorでは出来なかった、低劣化での補正が可能になったのこと!

いや、正直、これだけでもう買いですよw


打倒Photoshop「Affinity Photo」


来ました真打!
ちなみに、俺が今使っているのもこちらです。

とにかく、とにかく高機能。
Photoshop並ですね。
これに不満を持つ人は、プロ中のプロで、かつ、ものっそこだわりの強い人だけではないでしょうか。

まあ、言葉で言っても仕方ないので、まずはこちらを御覧ください。
(2分弱のプロモーション動画です)



素晴らしい‥‥w

俺が購入する前に実際に見た動画はこれとは違うんですけど、
これが今の最新版のPVです。

心躍りませんか?

本当に、内容は文句なしに素晴らしいです。
初心者で、まだ基本的なことしかできない、っていう人こそ、最初からこういう高機能なソフトを使うべきです。

手段によって、自分の才能が狭められてしまう前に。

そして全てが買い取り式

ここまで見ていて、どれも本当におすすめなんですけど、
Photoshopと一番違う点が一つ。

それは、サブスクリプション(月額制)でないこと。

これが本当に嬉しい。
ランニングコストは少なければ少ないほどいい。

もう、Photoshopには戻れません笑

日本語の情報量

ただ一つ、Photoshopにはどうやっても勝てない点があります‥‥。
それは、日本語での情報量が圧倒的に少ないこと。

これは、PixelmatorだろうがAffinity Photoだろうが関係ありません。

どちらも英語であれば十分な量の情報、チュートリアル動画が上がっているので問題ないのですが、
日本語記事となると、かなり少ない。

個人的には英語は出来るので問題ないのですが、人によっては少し引っかかるかもしれないですね。

けど例えば動画であれば、見たまま真似て作業するだけなので、
正直全然こまんないと思いますけど笑

とにかく使うべし

ここまでだらだらと書いてきましたけど、とにかく使えばいいんですよ。
迷って何もしていない時間が一番もったいない。

使って、悩んで、自分に合うソフト、設定を見つけてけばいいんです。

そうすれば色んな技術もたまりますしね。


それでは、少しでもお役に立てれば。