無編集写真=すっぴん

写真って、勿論撮影で終わらずに編集までしてやっと作品として完成するわけですよ。
編集前の写真ってのは言わばすっぴんと同じで、
近場の人に見せるのは別にいいんだけど大衆向けに見せるのは恥ずかしい。

で、メイクと同じく同じ素材でもやり方によって味付けは全然違ってくるわけで‥‥

それだけ撮影と編集は結びつきが強く、尚且両方共大切なんです。
フォトグラファー独自の味を出すためにも。


で、何?皆ゆるふわ系がお好みなの!?

まずはこちらご覧ください‥‥
どちらも、モデルさんは西村ゆうかです。
1つ目の撮影は俺。2つ目は、西村の知人ですかね。彼女所属の劇団の宣材みたいです。

なんなの!?
本当はゆるふわがよかったのか!!!



続いてこちら!!

こちらも、どちらもモデルさんは吉野ゆうかです。
同じく一枚目が俺。二枚目は俺じゃないです。

なんなの!!!
皆してきらきらふわふわ系がいいのか!!!

ぱりっとしちゃいかんのか!!!


やってやんよ!俺だってできんよ!

ほらほら!
俺だって出来んだから!!

モデルさん:鈴木優美 #パーライト女子007

◯元素材
DSC02600 (1)

◯明るさのみ編集
DSC02600 (2)

◯バリバリかっこいい系(完全にやりすぎた笑)
DSC02600 2

◯ふわふわキラキラ系
DSC02600


正直に言ってみろよ!!
ゆるふわがいいんだろおおおおおお(´;ω;`)!!! 

落ち着きまして

はい、えーっとw
ちょっと取り乱しましたけど笑

まあいいたいのは、編集って大事ですよねって話ですよ。

この写真については、明るさ編集のみで前回の記事にも載っけてる通り、もともと悪くないんです。
三脚に乗っけて撮った写真だから落ち着いて設定もできたし。

ただ、編集するともっと魅力が増しますよねって話です。

写真家・カメラマン・フォトグラファー

screenshot
こちら、俺のTwitterアイコンと説明文。

「フォトグラファー」です。
「写真家」とか、「カメラマン」ではありません。

日本のカメラ界隈って、編集を美徳としない雰囲気が少しありまして。
極端に言うと、撮ったままを出すのが素晴らしいんだ!っていう感じですね。

それはそれでいいと思うんです。
ただ、その人達は「写真家」であり「カメラマン」なんですよね。

俺は違う所を目指していて、「フォトグラファー」。

編集までやって俺の作品。ですね。そうありたいです。
だからもっと、編集覚えます。



その他風景写真などはこちら
・参考記事:【写真作品】今までの作品群